30代未経験でWeb系への転職は厳しい?←企業によります

悩む30代未経験

Web系企業にエンジニア転職したい…。
でも僕はすでに30代で、まして未経験。
Web系は20代がメインって聞くし、もう厳しいかな。
なんとかWeb系に飛び込む方法ないかな。

と、お悩みの方へ向けた記事になります。

先日のツイートです。

30代未経験でWeb系に転職できるかは、企業による

ぶっちゃけWeb系大手企業への転職は難しい

しかし、ひとえにWeb系といってもジャンルはさまざま
未経験30代を求めているWeb系企業だってある

でも企業数を考慮すると、東京or東京近辺に引っ越すのは必須かも

この記事を読むメリット
  • すでに30代で未経験でも、Web系へ転職できることがわかります。
  • 自信を失わず諦めず転職活動ができ、Web系への転職成功率がアップします。
目次

30代未経験でWeb系への転職は厳しい?←企業によります

30代未経験でWeb系への転職は厳しい?←企業によります
悩む30代未経験

やっぱり30代未経験でWeb系への転職は難しいのかな…?

Web系エンジニアを目指す30代未経験の方なら、誰もが葛藤する悩みだと思います。

結論、30代未経験でWeb系に転職できるか否かは、企業によります

ひとことで「Web系の企業」といっても、実にさまざまです。

自社開発や受託開発、また使っている技術もモダンだったり、枯れた技術が主流な企業もあります。

そもそも、「Web関連の企業だけど、仕事内容はWebとは関係ない」ケースもあります。
逆に、「Web関連の企業じゃないけど、Web関連の業務を担当」することもあります。

このように、ひとことで「Web系」と言っても、いろんな企業や業務形態があります。

そのため、30代未経験で転職できるか否かは、企業や業務形態によります。

以前の記事、年々難易度が増す30代男性の転職。おすすめサイト7選&成功のコツも参考にどうぞ。

未経験から「大手Web系企業」への転職は、やはり難しい

Web系にはさまざまな種類がありますが、30代未経験から「大手のWeb系企業」へ転職するのは難しいです。

大手のWeb系企業とは、以下のようなものが挙げられます。

大手のWeb系企業
  • Google
  • Amazon
  • Yahoo!Japan
  • 楽天
  • LINE
  • メルカリ
  • DeNA
  • サイバーエージェント

これらの企業は、書類選考の時点で高学歴の新卒、20代の経験者などにフィルターをかけている傾向です。

30代から上記のようなの企業へエンジニア転職を目指すとなると、それなりの学歴や経歴、良質なエンジニア経験が求められます。

それに30代が求められるのは、エンジニアスキルに限りません。

30代はいわゆる「中堅」です。
そのため、プロジェクトマネージャーなどの上流工程や、後輩の指導のスキルなどが求められます。

したがって未経験からいきなりこの手の企業への転職は、ハードルが高いのが現実です。

30代未経験でWeb系への転職が難しいと言われる理由

30代未経験でWeb系への転職が難しいと言われる理由
一般の人

30代未経験じゃ、Web系に転職するのは難しいよ~!

と、世間一般的には言われています。

30代未経験がWeb系への転職が難しいとされる理由は、大きく以下の3点です。

その①:Web業界では30代は「中堅」だから
その②:20代に比べて、体力が衰えるから
その③:おそらく年上後輩となるので、周りが指導しづらいから

それぞれ順を追って解説します。

その①:Web業界では30代は「中堅」だから

その①:Web業界では30代は「中堅」だから

30代未経験でWeb系転職が難しいとされる理由は、「30代は中堅だから」です。

Web業界において30代というのは、若手でもなんでもありません。
言うなれば20代後半あたりから、すでに中堅です。

そのためプロジェクトマネージャーなどの上流工程、および人材育成のような仕事を担当することが多いためです。

すでに30代でこれから仕事を覚えるとなると、周りの人よりも遅れを取っている状況とも言えます。

企業によっては、30代未経験でも構わず上流工程や人材育成からスタートするところもあります。
しかし、下流工程をしっかり経験し土台を固めたか否かで、仕事の質も変わってきます。

それに「Web系エンジニア職」を目指している方にとっては、アンマッチといえるでしょう。

30代の中堅は同じWeb系の仕事であっても、上流の工程を担当することが多くなります。
20代前半~中盤の若手と同じポジションで働くのは難しい、と考えたほうが賢明です。

その②:20代に比べて、体力が衰えるから

その②:20代に比べて、体力が衰えるから

30代未経験でWeb系転職が難しいとされる理由2つ目は、「体力面」です。

Web系企業やWeb系の職種と聞くと、PCの前に座りっぱなしのデスクワークをイメージすると思います。

しかし座りっぱなしで頭を使う仕事も、体を動かす仕事なみに体力を消費します

これまで20代の若さで何とかなってても、30代になると体への負担のかかり方も変わります。
人にもよりますが、20代と同じように振る舞うことは困難です。

それに、人間はある程度体を動かしたり、歩く方がいいと科学的にも証明されています。
「座り仕事の人より、立ち仕事の人のほうが寿命が長い」とも言われることもあります。

立ち仕事と座り仕事、どちらも大変です。
しかし「デスクワークはラク」という考えは捨てたほうがいいです。

その③:おそらく年上の後輩となるので、周りが指導しづらいから

その③:おそらく年上の後輩となるので、周りが指導しづらいから

30代未経験でWeb系転職が難しいとされる理由3つ目は、「指導の面」です。

20代の若手が活躍する企業などでは、特に30代未経験は採用しない傾向です。
その理由は、「年上後輩に0から指導しづらい」ためです。

30代となると、恐らく高確率で「年上後輩」となります。
20代の方にとって、30代の人生の先輩への指導はやはりやりづらいのは間違いありません。

それを考慮して、なるべく「まったくの未経験の30代」は採用しない企業もあるようです。

30代未経験でWeb系へ転職するための方法

30代未経験でWeb系へ転職するための方法

一般的には「30代未経験ではWeb系への転職は厳しい」と言われますが、決して不可能ではありません。

30代未経験でWeb系へ転職するための方法として、以下の3つに絞って解説します。

その①:東京or東京近辺へ引っ越す
その②:高望みせず、ハードルを下げる
その③:ポートフォリオを作成する

その①:東京or東京近辺へ引っ越す

その①:東京or東京近辺へ引っ越す

30代未経験でWeb系へ転職するためには、まず「東京or東京近辺へ引っ越す」ことです。

ITやWebに関する企業は、日本国内では東京に一点集中しているためです。

大坂、福岡、名古屋にもそれなりにありますが、東京の比ではありません。
もしその近辺で採用が決まればラッキーですが、地元が地方となるとそうも行きません。

悩む30代未経験

なるべく実家の近くで働きたい。

という気持ちはわかります。

しかし、30代未経験というただでさえ不利な状況です。
本気でWeb系エンジニアとして転職したいなら、東京へ引っ越すことを覚悟しましょう。

いったん東京で数年経験を積んで、地元の企業を探したほうが賢明です。

人生100年時代と言われる世の中です。
そのうちたった数年と考えれば、地元を離れる経験に費やすのもいいと思います。

その②:高望みせず、ハードルを下げる

その②:高望みせず、ハードルを下げる

30代未経験でWeb系へ転職する方法2つ目は、「高望みをやめて、ハードルを下げる」ことです。

30代未経験でのWeb系転職を考えている人の中には、以下のように考える人もいます。

30代未経験

キラキラのオフィスじゃなきゃイヤだ!
モダンな技術のWeb系自社開発企業じゃなきゃ意味ない!

気持ちはわかります。
しかし、何事にも順序というものがあります。

包丁を触ったこともない大学生のアルバイトが「高級フレンチで料理人として働きたい!」といっても難しいですよね。
それと同様で、まずは「未経験」という肩書を消すことが先です。

そのためにも、未経験からの最初の一歩は、とことんハードルを下げることが大切です

技術がモダンでなくても、オフィスがキラキラしてなくても、受託開発でも…です。

まずは、

  • エンジニアとして働いたことがあります
  • プロとしてWebの仕事に携わった経験があります

と、堂々と言える立場を目指しましょう。

悩む30代未経験

でも年齢が年齢だしな…。

と悩むなら、なおさらハードルは下げましょう。

未経験から理想を目指すより、いったんハードルを下げてまず経験する方が、再現性は高いです。

またその経験によって、これまでに見えなかった世界が見えるというものです。

その③:ポートフォリオを作成する

その③:ポートフォリオを作成する

30代未経験でWeb系へ転職する方法3つ目は、「ポートフォリオを作成する」ことです。

これは30代に限った話ではありません。
未経験かつ、過去に実績もない場合、ポートフォリオでやる気や実力をアピールするしかないためです。

ただネット上には、

とあるサイト

30代未経験でも、ポートフォリオは不要です。

という意見もあります。

しかしそういう方は、おそらくポートフォリオを上回る学歴や経歴、もしくは資格をもっています。

同じレベルの人が2人いれば、ポートフォリオはないよりはあった方が有利なのは明白です。

めんどくさがらず、何かしらポートフォリオは用意しましょう。

30代向け・Web系への転職におすすめのエージェント

30代未経験からWeb系に転職するには、転職サイトやエージェント選びも大切です。

30代未経験におすすめの転職サイト・エージェントを以下のとおり5つご紹介します。

1.マイナビITエージェント
2.リクルートエージェント
3.レバテックキャリア
4.doda
5.GEEKLY

1.マイナビITエージェント

(引用:マイナビITエージェント公式サイト)
マイナビITエージェントの特徴
  • ITやWeb系の求人が豊富。ベンチャーから大手まで幅広い。
  • 専任キャリアアドバイザーによる丁寧なサポートがつく。
  • その他のサポート体制が手厚いこともポイント。

マイナビITエージェントは、人材大手「株式会社マイナビ」が運営する転職エージェントです。

その名の通りIT業界に特化しており、開発やインフラ、ITコンサルタント、ディレクターなど様々な職種に対応しており、ゆえに未経験向けの求人も豊富です。

かつサポート体制も手厚いものとなっているため、もし「就業経験が浅い」という方でもぜひおすすめしたい転職エージェントです。

>>公式サイトを見る

運営会社株式会社マイナビ
求人数公開求人34,839件 / 非公開求人34,178件(2022年4月現在)
求人の質・評判
転職サポート満足度
おすすめ度
対応地域47都道府県すべて

2.リクルートエージェント

2.リクルートエージェント
(引用:リクルートエージェント公式サイト)
リクルートエージェントの特徴
  • 案件の豊富さが最大の売り。「未経験IT求人」で絞っても約2万件がヒット。
  • 専任キャリアアドバイザーのサポートがついている。
  • もちろん在宅勤務などの求人も豊富で、現在の状況や希望に沿ったものが見つかりやすい。

リクルートエージェントは、人材大手「リクルート」が運営する転職エージェントです。

業界トップクラスの圧倒的な求人数が強みであり、IT業界の求人に関しても例外ではありません

ITエンジニアで絞って検索しても約10万件がヒットします。
現場での就業経験のある方は、このエージェント経由で探せば理想通りの求人に出会えます。

さらに「未経験OK」という条件付きで検索しても約2万件がヒットします。
そのため、30代の未経験でも幅広い選択肢から選ぶことができます。

もちろん完全無料で利用でき、理想の求人がなければ無理に転職せずとも退会できます。
そのため「とりあえず登録して損はない転職エージェント」といえます。

>>公式サイトを見る

運営会社株式会社リクルート
求人数公開求人172,110件 / 非公開求人229,123件(2022年4月現在)
求人の質・評判
転職サポート満足度
おすすめ度
対応地域47都道府県すべて

3.レバテックキャリア

3.レバテックキャリア
(引用:レバテックキャリア公式サイト)
レバテックキャリアの特徴
  • IT特化型で、スタートアップから大手まで求人数が豊富。
  • 年3000回以上の企業訪問を行っているため、企業内部情報が有益。
  • アドバイザーとの個別相談会へ無料で参加することも可能。

レバテックキャリアは、「レバテック株式会社」が運営する転職エージェントです。

主にIT、Web系に特化した転職エージェントとなります。
スタートアップや大手、およびWeb系自社開発など幅広く求人を取り扱っています。

レバテックキャリアは毎年3000回以上の企業訪問を行っています
そのため企業ごとのマネジメントのしかたや社内の雰囲気、残業時間およびキャリアアップの可否など、内部情報を熟知しています。

これらは転職において非常に有益なので、転職の失敗を未然に防ぐことにつながります。

また、キャリアアドバイザーとの個別相談会に無料で参加ができることもポイントです。
転職のサポートのみならず、転職志望者の悩みにも真摯に向き合う体制が魅力のエージェントです。

>>公式サイトを見る

運営会社レバテック株式会社
求人数公開求人15,800件(2022年4月現在)
求人の質・評判
転職サポート満足度
おすすめ度
対応地域47都道府県すべて

4.doda

4.doda
(引用:doda公式サイト)
dodaの特徴
  • 取り扱い求人数と、求人ジャンルの幅広さに定評あり。
  • 転職エージェントとしても、転職サイトとしても利用できる。
  • 業界別の専門アドバイザーによるサポートで、30代未経験の転職でも安心。

dodaは、「パーソルキャリア株式会社」が運営する転職サイトです。

求人ジャンルの幅広さに定評があり、dodaにしかない独自求人も充実しています。

通常、転職サービスは「転職エージェント」か「転職サイト」のどちらかになります。
その点、dodaは両方の用途で利用できます。

つまり「求人は自分のペースで探し、気になる企業が見つかったら専門アドバイザーに相談、応募から面接までをサポートしてもらう」といった使い方が可能です。

利用にあたっての自由度が高く、転職サポートツールも充実。
サービスの質のバランスもいいため、Web系への転職にも向いています

>>公式サイトを見る

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数公開求人数 約130,000件(2022年4月現在)
求人の質・評判
サポート満足度
おすすめ度
対応地域47都道府県すべて

5.GEEKLY

5.GEEKLY
(引用:GEEKLY公式サイト)
GEEKLYの特徴
  • IT、Web、ゲーム業界に特化した転職エージェント。
  • エンジニア職種はもちろん、PM、コンサル、ディレクター職も豊富。
  • 内定までの期間が1ヶ月と早く、短期間での転職を希望する方にもおすすめ。

GEEKLYは「株式会社GEEKLY」が運営する、IT、Web、ゲーム業界企業の求人に特化した転職エージェントです。

開発のみならず、インフラ、サーバー、ネットワーク、さらにゲームクリエイター系など幅広くエンジニア職種を取り扱っているのが特徴です。

加えてエンジニア職種のみならず、PM(プロジェクトマネージャー)、コンサルティング、ディレクションといった職種の求人も豊富です。

通常の転職エージェントの場合、内定まで約2ヶ月の期間がある一方、GEEKLYは平均転職期間が1ヶ月と短くなっています
そのため、短期間での転職活動を視野に入れている30代未経験の方からも指示を得ているエージェントです。

>>公式サイトを見る

運営会社株式会社GEEKLY
求人数公開求人数 約13,700件(2022年4月現在)
求人の質・評判
サポート満足度
おすすめ度
対応地域東京、大坂、愛知

まとめ:30代未経験を必要としているWeb系企業もある

まとめ:30代未経験を必要としているWeb系企業もある

以上、30代未経験でのWeb系転職の難しさ、転職の方法などについて解説しました。

冒頭でお伝えしたように、30代未経験でWeb系に転職できるか否かは、企業によります

30代未経験でWeb系転職は厳しいという声もあります。
しかし一方で、未経験の30代を必要としているWeb系企業もあるのが事実です。

もう30代だからと諦めず、「数撃ちゃ当たる」の精神で、臆せずWeb系への転職に挑戦しましょう。

あわせて読みたい
年々難易度が増す30代男性の転職。おすすめサイト7選&成功のコツ 転職を考えてるけど、30代で転職はやめた方がいいのかな。30代の転職は、年々難易度が上がってるって話も聞くからなぁ…。おすすめの30代向けの転職サイトとか、転職エー...
あわせて読みたい
転職保証・支援つき!30代未経験おすすめプログラミングスクール5選 30代でもエンジニア転職ってできるのかな。転職保証付きのプログラミングスクールは結構あるけど、何か裏があるんじゃない?裏がなくて怪しくないプログラミングスクー...
あわせて読みたい
【エンジニア】もう勉強に疲れた…そんな時の原因と対処法3つ エンジニア勉強にキリがない。「エンジニアは一生勉強」ってわかってはいたけど…もう疲れた。この程度も我慢できないようでは、向いてないのかな。 と、お悩みの方へ向...
あわせて読みたい
【騙された!】「SESならエンジニア経験を積める」は幻想です 実務経験を積めると思ってSESに転職したのに…。全く関係ない仕事をやらされてもう半年。なんか騙された気分。どうしたらいいだろう。 と、お悩みの方へ向けた記事になり...
目次