気遣いしすぎると、時に「むしろ迷惑」になる話

気遣い魔

人に気遣いしすぎて、疲れる。
なんでこんなに人に気を遣ってしまうんだろう。
気遣いを減らす方法とか、ないかな。
性格だからもうムリなのかな。

という自覚をもち、悩んでいる、いわゆる「気遣い魔」な方へ向けた記事になります。

先日のツイートです。

僕はいわゆる「気遣い魔」なのですが、あんまいいことじゃないな、と最近思う

気遣いも一定レベルを超えると、むしろしばしば迷惑をかけたり、デメリットもあって

気遣いできるのはいいこと、とかって言われるけど実際そうでもない

「気を遣わず、自分の意見をズバッと言える人」の方が希少価値ある

この記事を読むメリット
  • 気遣い魔になってしまう原因がわかります
  • 気遣い魔を改善するための方法がわかります
  • 相手に気遣いしすぎず、上手に付き合えるようになります
目次

気遣いしすぎると、時に「むしろ迷惑」になる話

気遣いしすぎると、時に「むしろ迷惑」になる話

他人にひたすら気を遣い、尽くしてしまう、いわゆる「気遣い魔」。

一見イヤな印象はないように思えます。
しかし時としてその気遣いは、「むしろ迷惑」になってしまいます。

その理由として、以下の2つがあります。

理由①:相手が疲れるから
理由②:見返りを求めてしまうから

理由①:相手が疲れるから

理由①:相手が疲れるから

理由1つ目は、「相手が疲れるから」です。

人には返報性の原理があるので「自分もなんか気を遣わなきゃ」と感じるためです。

どんなに相手の仕事をラクにしようと気遣っても…。
どんなに相手の時短に繋がるようにと気遣っても…。

相手から「必ずしも感謝される」とは限りません。

むしろ、いわゆる「ありがた迷惑で終わる」場合もあるわけです。

理由②:見返りを求めてしまうから

理由②:見返りを求めてしまうから

理由2つ目は、「見返りを求めてしまうから」です。

他人に気を遣いまくる気遣い魔は、以下のような心境になります。

気遣い魔

「こんだけ気遣ってるんだから、もっと優しくしてほしい。」
「嫌いにならないでほしい。」

これらは心の奥底で無意識レベルで感じていること
そのため、気遣い魔の本人も自覚はなかったりします。

しかし見返りを求めるあまり、思い通りにならないとイライラし、悩みやすくなります。

そうなると他人からも「何考えてるかわからない」などと思われ、むしろ距離を置かれることも。

気遣いしすぎてしまう原因3つ

気遣いしすぎてしまう原因3つ

気遣いしすぎてしまう原因は、以下の3つがあります。

原因①:嫌われたくないから
原因②:過去の体験がそうさせてるから
原因③:相手の心を深読みしすぎるから

それぞれ解説します。

原因①:嫌われたくないから

原因①:嫌われたくないから

気遣いしすぎてしまう原因1つ目は、「嫌われたくないから」。
最もよくある原因です。

とにかく嫌われること、陰口を言われることを極端に恐れています。
そのため、自分の意見を押し殺してでも、他人に尽くします。

常に「相手にいい印象を持ってもらう」ことにこだわるタイプです。
そのため、相手から感謝の言葉(口だけでも)をもらえると、それがこの上ない快楽となります。

そうしてまた自分の意見を殺し、相手に気を遣い続けます。

つまり、「自分に自信がない」ことの表れでもあります。

原因②:過去の体験がそうさせてるから

原因②:過去の体験がそうさせてるから

気遣いしすぎてしまう原因2つ目は、「過去の体験がそうさせてるから」です。

過去の体験とはさまざまな要素がありますが、具体的に以下のようなもの。

  • 育った家庭環境
  • 学生時代のできごと
  • 辛い失恋

気遣い魔の方々は、過去にさまざまな失敗をし、痛い目をみてきたのでしょう。
その原因は「今まで自分の意見を貫き、したいようにやってきたから」と思いこんでいる方もいます。

または育った環境によって「人に気を遣うことこそが美徳」みたいな精神が頭に刷り込まれている方もいるでしょう。

このような「過去の体験」が、気遣いしすぎてしまう原因となっています。

原因③:相手の心を深読みしすぎるから

原因③:相手の心を深読みしすぎるから

気遣いしすぎてしまう原因、最後は「相手の心を深読みしすぎるから」です。

「自分の意見や発言、行動によって相手がどう思うか」をいちいち考えてしまう傾向です。

何か言う前に、まず以下を勘ぐりします。

悩む人

〇〇を言うと多分〇〇って思われるよな…。
口ではあぁ言ってるけど、心の中では〇〇とか思ってるんだろうな…。

そのうえで、なるべく相手にいい印象を持ってもらうため、過剰に気を遣ってしまいます。

気遣いしすぎないための心得

気遣いしすぎないための心得

気遣いしすぎないための心得として、以下の3つがあります。

心得①:嫌われることを受け入れよう
心得②:自己チューになろう
心得③:他人は「自分と違う生き物」だと自覚しよう

それぞれ解説します。

心得①:嫌われることを受け入れよう

心得①:嫌われることを受け入れよう

気遣いしすぎないための心得1つ目は、「嫌われることを受け入れよう」です。

よく言われることですが、素の自分を封じたお付き合いは、いずれ限界がきます。

それより「素の自分を受け入れてくれる人」をより大事にしたほうがいいです。

どうしても嫌われるのを受け入れられない方は、

  • 気を遣うことで得られる「自分の」利益
  • 相手に嫌われることで生まれる損失

以上2点を、考えてみてください。

相手に懸命に気を遣っても、自分への利益は大したものではありません。

心得②:自己チューになろう

心得②:自己チューになろう

気遣いしすぎないための心得2つ目は、「自己チューになろう」です。

自己チューという言葉に、いい印象を感じない方もいるでしょう。

しかし、気遣い魔の方にとっては、そのくらいが丁度いいです。

  • これは好き、これは嫌い
  • やりたい、やりたくない
  • 行きたい、行きたくない

みたいな感じで自己チューになって、自分の意見をハッキリ言い切ること。

大事なのはまず他人より、「自分がどうしたいか」です。

大体のケースにおいて、誰かが言い出さないと始まりません。

それに言い出しっぺはなんだかんだで感謝され、逆に好かれる傾向です。

心得③:他人は「自分と違う生き物」だと自覚しよう

心得③:他人は「自分と違う生き物」だと自覚しよう

気遣いしすぎないための心得3つ目は、「他人は『自分と違う生き物』だと自覚しよう」です。

他人に気を遣うことの本質は、「他人に喜んでもらうこと」です。

しかし気遣いしても、相手は大して喜ばないケースがしばしばあります。

それでも苦し紛れの「ありがとう」はもらえるでしょう。
しかし、内心は対して感謝されていません。

場合にもよりますが、気遣いは、あなたの価値観の押し付けでもあります。

その気遣いは、自分がされて嬉しくても、他人にとって必ずしも嬉しいとは限りません。

「他人は自分とは違う生き物である」。

これを自覚しましょう。

気遣いは素晴らしい…と言いたいとこだけど

気遣いは素晴らしい…と言いたいとこだけど

気を遣うことによるデメリットや、相手に気を遣わないための心得を紹介してきました。

気遣いができることは、大して素晴らしいことでもありません。

今や若者を中心に、気遣いな人のほうが多いです。

そのため現代では、気遣いさんは「希少価値的という観点では微妙」です。

むしろ「他人に気を遣わず、自信を持って自分の意見をズバッと言える人」の方が少数派。
そのため希少価値があり、重宝されます

常に「上手な気遣い」ができればそれに越したことはありません。
しかし、それはほぼ不可能です。

それなりに相手を理解していても難しいことといえます。
分かりあえない部分もかならず出てきては、不満も生まれます。

なので、人への気遣いなんて「ごくごくたまに」くらいが丁度いいと思います。

まとめ:自分に1番気を遣おう

まとめ:自分に1番気を遣おう

以上、「気遣いしすぎると、時に「むしろ迷惑」になる話」でした。

他人に気遣いしすぎても、自分への利益はほとんどありません。

なので、自分に一番気を遣ってあげましょう。

  • 自分に気を遣って
  • 自分ファーストで
  • 自分に自信を持ち
  • 自己肯定感を向上させる

これらができると、「気遣いすぎて疲れる」ことは自然と減っていくはずです。

あわせて読みたい
【人間関係】羨ましい…!「気にしない人」が意識していること5つ 「気にするな」って簡単に言われるけど、それできたら苦労しないんだよな。ささいなことでもどうしても気になってしまう。「気にしない」ができる人が羨ましい。性格だ...
あわせて読みたい
挨拶を返さない人の心理って?イライラしないためには【かまうだけ損】 挨拶返さない人って、なんなの?人を選んで挨拶する先輩にイラッとする。相手にしない方いいのはわかる。でも、どうしても気になる。 といったお悩みを持った方へ向けた...
あわせて読みたい
【意外】不機嫌な人に「付き合う」のが、いちばん損ですよ【不機嫌は連鎖する】 不機嫌な人に振り回されて、ストレスしかたまらない。機嫌の上がり下がりが激しくて、ホント疲れる。メンタルがもたない。僕に原因があるのかな…? といったことでお悩...
あわせて読みたい
たしかにエンジニアって、性格悪い人多いかも【理由&対策】 エンジニアって性格悪い人多くない?上から目線で、嫌味くさいし偉そう。IT業界ってそんなもん?それとも僕が合ってない? とお悩みの方へ向けた記事になります。 先日...
目次